解体工事・アスベスト含有建材の解体処分・総合解体の相模工業(神奈川県相模原市)

総合解体工事の相模工業(神奈川県相模原市)

     
 

新しく開発した小型の破砕用デバイス

 私たちは、小型の破砕用デバイス(火薬類)を開発し、環境にやさしく制御された発破解体工法の確立を目指した実証実験を行いました。

 実証実験の結果、ミニブラスティング工法は以下のような利点を持ち、これらの利点を活かし様々なニーズの現場に対応することができます。

重機を持ち込めない場所の構造物等の解体に適用できます。
制御された局所的な発破工法であるため、構造物の一部解体やリフォームに有効です。
圧砕機でかみ砕けない大断面の部材、構造物への対応が有効であり、大型ブレーカーによる作業を最小限にすることができるため、ブレーカーによる持続的な騒音、振動、粉じん等の建設公害を極めて少なくすることができます。
電動ドリルによる穿孔が可能であり、クローラドリルのような重機械や削岩機等を必要としないため、穿孔作業時の騒音、振動を軽減することができます。
直接防護や間接防護により飛散物や粉じんを完全に抑制することができます。
破砕方向や破砕片の大きさをコントロールすることができ、その後の二次破砕の工法や重機械の種類を限定しません。
高エネルギー物質(火薬類)の量・起爆時間・パターンを制御して使用するので、発破時の騒音、振動、粉じんを軽減できます。
工期や施工条件(騒音、振動、安全等)が制限される現場に有効です。
部分的な発破も可能となるため、通常の発破と異なり、隣接する構造物に損傷を与えません。また、通常の発破と異なり、近隣の居住者へ与える影響も大幅に軽減できます。
ミニブラスティング工法による解体工事は、周辺環境に与える負担を軽減することができます
 
 
 
 


実証実験現場

 現場の周りには道路や住宅、福祉センター、診療所が隣接しており、安全かつ環境低負荷な工法が求められました。また、地下部基礎の解体では、基礎下に分布している支持層(砂礫層)を傷めない工法が求められており、従来工法である大型ブレーカー等に代わる工法が求められました。

 
 
 
 

地上部躯体解体

 様々なコンクリート部材に対して、少量の高エネルギー物質(火薬類)で所期の破砕効果を得ることができました。その後の重機による二次破砕が容易になり、重機の稼働時間を削減することができるため、ミニブラスティング工法は、工期の短縮、コストの削減、CO2発生量の削減に貢献します。

 
 

壁部の破砕状況

 
 
 
 

梁部の破砕状況

部分的なコンクリート部材の解体に利用できます。

 
 
 
 

スラブ開口部の破砕状況

重機の稼働を最小限に抑え、コンクリート土間等を解体できます。

 
 
 
 

柱部の破砕状況

 高エネルギー物質(火薬類)の量・起爆時間・パターンを制御することにより計画通りの破砕効果を得ることができるとともに、発破時の騒音、振動を軽減できました。

 
 
 
 

 大型ブレーカーを使用しないで、低騒音、低振動で地下部ラップルコンクリートをブロック状に破砕することができました。ミニブラスティング工法は重機の稼働時間削減にも貢献します。

基礎部の装薬・結線状況

 装薬する破砕用デバイスが小口径のため、電動ドリルによる穿孔が可能になりました。このため、穿孔作業に伴って発生する騒音・振動も大幅に軽減できました。

 
 
 
 

ラップルコンクリートの破砕状況

ラップルコンクリート上面を防爆シート、防音シート等で防護することにより飛散物を完全に抑えることができました。

 
 

基礎部の破砕状況

 計画通りに亀裂が発生し、ブロック状に分割することができました。 ラップルコンクリートの下に分布している支持層(砂礫層)にダメージを与えることなく、発注者の要望に応えることができました。

 
 
 
 

 

 
 

重機による二次破砕状況

 破砕用デバイスによって分割されたラップルコンクリートは、重機によって二次破砕しました。ブレーカーを使用しないため、騒音・振動を大幅に軽減できました。

 
 
 
 

 

 この現場は、ラップルコンクリートのすぐ下に支持層(砂礫層)が分布し、地下水位もGL−1m程度と非常に高かったため、ラップルコンクリートの解体に大型ブレーカーを用いた施工が困難な状況でした。また、大型ブレーカーの打撃によって支持層(砂礫層)を傷めてしまうおそれもありました。このミニブラスティング工法では、低振動・低騒音かつ瞬時にラップルコンクリートを分割破砕できるため、支持層(砂礫層)を傷めることもなく、分割されたラップルコンクリートはその後、重機にて地上に引き上げられ、二次破砕されました。

 
 
 
 


 実証実験終了後に、このミニブラスティング工法の環境性、及び本工法に対する理解度を評価するために、現場周辺の住民(23世帯)、及び見学会に参加していただきました官公庁関係者等のみなさまにアンケート調査(合計回答数:62)を実施しました。 その結果、騒音・振動に関しては「迷惑だった」との回答は1件もなく、日常生活に支障をきたすものではありませんでした。また、本工法の採用に対しても反対する意見は1件もなく、「判断できない」と言う意見もありましたが、それ以外はすべて好意的なものであり、環境にやさしい発破工法であることを実証できる結果でした。

 
 
 
     
   

株式会社 相模工業

神奈川県 相模原市
    中央区 由野台1-3-12

TEL 042-754-0260(代)
FAX 042-755-0227


登録番号 2-05-00886

(社)神奈川県建物解体業協会
会員

(社)日本非破壊検査協会会員

解体工事施工技士


解体工事の相模工業 解体屋からの情報発信

Copyright ©2007
SAGAMI KOGYO Co.,Ltd
All rights reserved

トップページ     会社案内     各種解体工法     新解体工法     社会貢献活動      採用情報      お問い合せ